お茶ダイエットの効果は?痩せると言われる5つの効能と痩せた人の口コミ

お茶ダイエットの効果は?痩せると言われる5つの効能と痩せた人の口コミ お茶 ダイエット

最近、30代の女性を中心に人気の『お茶 ダイエット』が注目を集めています。はたして、お茶は本当にダイエット効果があるのでしょうか。また、たくさんある茶種の中からどんなお茶を選べばより効果的なのでしょうか。自分に合ったお茶を選ぶことでより効果的にダイエットができ、さらには健康や美容にも効果があると言われています。ここではお茶の種類や効能、お茶ダイエットの注意点などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お茶ダイエットとは?

お茶ダイエットは、痩せるだけでなく、美容や健康にも◎

お茶ダイエットは、痩せるだけでなく、美容や健康にも◎

お茶ダイエットは、お茶を飲むだけで大きな体重変化を期待できるというものではありません。

しっかりとバランスのよい食事をとり、適度な運動をおこない、ダイエットのサポートとしてお茶ダイエットを取り入れると効果的です。しかし、人によっては、お茶を飲むことで、お菓子など甘いモノへの欲求が減っていったなど、カロリーが高いものを食べる頻度が減り、結果として短期間で体重変化が大きくあらわれる場合もありますので食欲の減少に効果的と言えるようです。

お茶の種類によっては、デトックス効果、脂肪燃焼効果、脂肪吸収抑制効果などが期待できる茶種などもありますので、どのお茶にどのような効能があるのかを知り、自分に合うお茶を見つける事が大切になります。

また温かいお茶を飲むことで身体もあたたまり、リラックス効果も期待できます。仕事や家事などのストレスからどうしても食欲増進してしまうという方には、お茶ダイエットはとてもおすすめのダイエット方法になります。

しかし、カフェインの摂りすぎなどお茶ダイエットをする上での注意点もありますので、しっかり確認してから、実践することをおすすめします。

そこでお茶の種類や効能、ダイエットに効果的な飲み方、注意点などを詳しくご紹介していきましょう。

お茶ダイエットが効果的で痩せる5つの理由

1.ルイボスティーがおすすめ!?デトックス効果

ルイボスティーがおすすめ!?デトックス効果

お茶の効果といえばデトックス!といわれるくらいデトックス効果が高いことはよく知られています。お茶に含まれるカフェインなどの利尿作用により排尿の量が増え、体内の余分な水分を排出することでむくみを解消し、さらには腸の働きを活発にし、便通をよくする効果が期待されています。

わたしたちの体内には毒素も存在しますが、毒素をそのままにしておくと脂肪にどんどん蓄積され、太りやすい体質になってしまいます。

この毒素を排出するには、運動したり、サウナで汗を流したり、解毒効果の高い食材を食べたりするなど方法はいくつかあります。なかでも最も多く毒素が排出されるのは尿からと言われていて、その量は毒素の20%と言われてもいます。そのため、お茶の利尿作用は、デトックスにはとても効果的なのです。

お茶の中でもデトックス効果が高いと言われる代表的な茶種は、緑茶、杜仲茶、ローズヒップティー、ルイボスティー、タンポポ茶、どくだみ茶などがあげられます。

特にルイボスティーには、SOD酵素というデトックス作用が高い酵素が含まれていて痩せやすい体へと変えてくれ、体質改善にとても役立つようです。なのでルイボスティーダイエットは、痩せるだけではなく美容や健康やアンチエイジング対策にも効果的といわれています。

ルイボスティー

2.食欲を抑えてくれる

食欲を抑えてくれる

お茶を飲むことで胃が膨らみ、食欲を抑えられる効果があると言われています。しかし、効果の持続は短時間となるのでこまめに飲むといいでしょう。

特にゴボウ茶には、炭水化物の一種であるイヌリンと呼ばれる成分が入っており、食欲を抑え、満腹感の持続効果があると言われています。またイヌリンは水溶性食物繊維でもあるので、摂取することで血糖値の上昇を抑えられ、結果食欲のコントロールが自然にできるようになると言われています。

Dr.南雲監修のごぼう茶 世界に誇るこだわりの品質! あじかん ごぼう茶

同様の効果が得られるとされるお茶では、“桑の葉茶”や“びわの葉茶”も血糖値の上昇を抑制する働きのあるお茶として知られています。

3.抗酸化作用

抗酸化作用

お茶に含まれる苦みのもとである「サポニン」という成分は、ポリフェノールの一種でとても抗酸化作用が高く、脂肪などの酸化を予防する効果があります。脂肪が酸化してしまうと、そのまま血管にはりついてしまい、動脈硬化を引き起こすなどとても注意が必要なのです。

また、たくさんの効能がある事で知られているカテキンにも活性酸素を消去する働きがあります。お茶が体にいいと言われる理由は、強い抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれることもその1つとなっています。

4.脂肪燃焼

脂肪燃焼

カフェインには覚醒作用があり、血行を促進する働きにより代謝があがり、結果として効率良く脂肪を燃焼させる働きがあると言われています。

また茶葉に含まれる茶カテキンも脂肪燃焼を手助けする働きがあるとされています。脂肪燃焼で有名な「ヘルシア緑茶」は、体に溜まった脂肪や食事によって取り入れられる脂肪のどちらにも燃焼効果があることが分かっているようです。

特に緑茶ダイエットは、カフェインやカテキンの脂肪燃焼の効果や高い殺菌効果も期待されており、とても人気があります。

5.糖質や脂肪吸収を抑える

お茶には、糖質や脂肪の吸収を抑制する効果のある成分がたくさん含まれています。ゴボウ茶に多く含まれるサポニンは、脂肪の吸収を抑え、脂肪の排出を促す効果があると言われています。

またダイエット茶で有名なプーアル茶には、重合カテキン(重合ポリフェノールとも呼ばれる)という成分があり、脂肪や糖分を分解し、吸収を抑えてくれる効果があり、カテキンよりも体内ではとても強く作用すると言われています。

他にも黒豆茶に含まれているアントシアニンも脂肪の吸収を抑えてくれ、脂肪が体内にとどまらないように働きかけてくれるようです。同様の効果が期待できる代表的なお茶としてほかには、黒ウーロン茶、杜仲茶、緑茶などがあげられます。

お茶ダイエットのやり方

1.自分に合ったお茶を探す

お茶ダイエットをする上で一番大切なことは、今の自分に何が必要か知ることです。例えば、脂肪が溜まっていると感じるなら、デトックス効果が期待されている杜仲茶、ローズヒップティー、緑茶などを選ぶといいでしょう。

また、その状況に合わせて飲むお茶を変えていくのもおすすめです。食欲が抑えられない時には、ゴボウ茶やアボガド茶を食前にのみ、食事中は糖質や脂肪の吸収を抑えるプーアール茶、就寝前は、リラックス効果が高いカモミールティーを、というようにすることで飽きにくくなるのでおすすめです。

目安は1日1L(カフェイン入りは1日3杯)

カフェインレスのお茶なら1日1Lくらいを目安に飲むといいでしょう。カフェイン入りのお茶は身体に負担がかかってしまう事もあるので、1日3杯位にしておくのが望ましいです。

水分を1日に2Lとった方がダイエットに効果的とも言われますが、体の大きさや活動量なども違うので一概に2Lが適量とは言えないようです。大切なのは、喉がかわいたと感じる前にこまめに水分をとるようにすると、身体にも負担がかからないのでおすすめです。

3.一時的ではなく、継続してやる

お茶ダイエット単体では、短期間で大きな体重変化を求めることは難しいです。これまでに食べていた食事や間食の量にもよりますが、お茶ダイエットで短期間で体重が大きく減っても、結局はちゃんとバランスのとれた食事と適度な運動をしないと身体に負担がかかってしまいます。

お茶ダイエットは、ダイエットサポートの役目として考えていた方が、長く継続しやすくなります。

お茶ダイエットの効果をより高める5つの方法

1.ホットで飲む

お茶 ダイエット の効果的な飲み方は、身体を温めるためにもアイスよりホットで飲むようにしましょう。特に、寝る前にホットのお茶を飲むとリラックスでき、良質な睡眠にも繋がるので、精神的にもとても効果的です。

また、寝ている間にも汗などでコップ一杯分の水分が排出されると言われています。なので寝る前にはきちんと水分補給をする事は、健康のためにもとても大切です。

しかし、ホットと言っても、あまり熱すぎるのはおすすめできません。日頃から熱すぎるものを飲んでいると喉や食道を傷つけてしまう可能性が高くなってしまいます。ですので、ぬるま湯くらいの熱さのお茶がおすすめです。

2.飲むタイミングをきちんと守る

お茶ダイエットは飲むお茶によってそれぞれ効能がありますが、飲むタイミングが違うだけで効果が半減することもあります。きちんとその効能を理解してからお茶ダイエットをすることでより高い効果が得られます。

3.食事中に糖分や脂質の吸収を抑える効果のあるお茶を飲む

食事中に水分を多くとり過ぎてしまうと胃酸が薄まり、消化する働きが低下してしまいます。また消化酵素も薄まってしまうため、痩せにくい体になっていきます。

ですので、食事中のお茶はガブガブ飲むのではなく、まずきちんと噛むことを意識してそれから一口飲むというように食事のサポートとして取り入れる事をおすすめします。

日頃は水を愛飲している人でも、食事中は糖分や脂質の吸収を抑える効果のある黒ウーロン茶やプーアル茶などに変えてもいいかもしれません。

4.運動や入浴の30分前には脂肪燃焼をよくするお茶を飲む

脂肪燃焼効果を高くするために、運動の30分くらい前にお茶を飲むといいでしょう。カフェインの効果が効き始めるのは、飲んでから約30分後くらいと言われています。

代表的なお茶としてヘルシア緑茶、緑茶などカフェインが多めに含まれているものがおすすめです。

5.何回かに分けてこまめに飲む

1日の目安量である1Lのお茶をこまめに飲むことは、常に水分が体に満ちている理想の状態をキープできるのでとても大切です。人間は、何もしていなくても汗や呼吸によっても水分を排出しています。

そのため、積極的に水分を摂っていない人は、基本的には水分不足の状態にあります。水分不足をそのままにしておくと、結果として便秘になるなどの症状や、肌荒れや血液がスムーズに流れなくなったりなど健康トラブルが出てきます。

ダイエットや健康、美容のためにもきちんと意識しながら、水分を摂る事が大切です。

お茶ダイエットの3つの注意点

1.寝る前はカフェイン入りや利尿作用のあるお茶は飲まない

カフェイン入りのお茶や利尿作用のあるお茶は、就寝前は飲まないようにしましょう。カフェインには覚醒効果がありますので、就寝前にとってしまうと良質な睡眠の妨げとなり、不眠の症状につながってしまいます。

また利尿作用のあるお茶も避けた方がいいでしょう。利尿作用のあるお茶を寝る前に飲むと、夜中に何度もトイレに目覚めこれも良質な睡眠の妨げとなってしまいます。

人によって眠くならないなどの差はそれぞれですが、念のために睡眠前に飲むのはカフェインレスのお茶をおすすめします。

3.適量を守る

緑茶などにも含まれるカフェインは、過剰摂取してしまうと身体に負担をかけてしまいます。飲みすぎると胃を荒らしてしまい、胃痛などの症状を引き起こす可能性もあります。

またカフェインの覚醒効果が続くことで、血圧の上昇などの症状があり、身体がつねに興奮状態になってしまいます。結果、自律神経のバランスが崩れて体調をくずしてしまいます。カフェインの摂取量は、健康な成人でコーヒーカップ5杯くらい、妊婦はコーヒーカップ3杯くらいとされているようです。

またお茶に含まれている茶カテキンは、特に摂取量などは決められていませんが、カフェイン同様に注意が必要です。実際、アメリカなどでは、高濃度カテキンの過剰摂取で健康被害がでており、高濃度カテキンの警告表示が義務付けられているところもあります。

ダイエットの効果を得るには、1日1000mgくらいのカテキンを摂取するのが望ましいとされていますので普通の緑茶であれば、1日1Lくらいを目安にする事をおすすめします。

4.貧血気味の方、貧血の時は食事中にお茶を飲まない

お茶に含まれるカフェインやタンニンは、鉄分の吸収を妨げる働きがあります。そのため貧血気味の時には、あまりお茶を飲まない方がいいでしょう。

お茶を飲んだ時に感じる渋みがタンニンなので、濃ければ濃いほど、渋ければ渋いほどタンニンがたくさん含まれていることになります。タンニンが多く含まれている代表的なものは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶などがあげられます。

またタンニンが比較的少ないものは、麦茶、コーン茶、ローズヒップティーなどがありますが、その中でもコーン茶は、ノンカフェインで鉄分が豊富に含まれていますので貧血の人にはお勧めのお茶になります。

お茶のカロリーとは?

種類にもよるがほとんど0kcal

カロリーがある日本茶は100ccに対して、抹茶10kcal、玉露5kcal、煎茶2kcalくらいになり、他はほぼ0kcalになります。ウーロン茶などの中国茶も同様にそのほとんどが0kcalになります。紅茶に関しては、砂糖やミルクを入れずにストレートで飲む事を前提にすると1kcalになります。

お茶は基本的にはカロリーが0のものがほとんどになります。一日1L飲んでもカロリーを心配する必要はないので、口さみしい時には、お茶を飲むことで胃が膨らむのでとてもおすすめです。

お茶ダイエットは効果あるの?気になる口コミ

実際にお茶ダイエットをした人の口コミを集めてみました。お茶ダイエットのおかげで間食なども減って食生活を見直すきっかけになった人もいるようです。成功した人の口コミを是非、参考にしてみてください。

お茶ダイエットまとめ

お茶ダイエットは、ただ痩せるだけではなく、健康にも美容にもメリットがたくさんあります。また精神的にもリラックス効果が高く、ストレスを軽減できる役目もあると言われています。

ダイエット効果をだすには、長く続けることが大切です。嬉しい事にお茶にはたくさんの種類があり、その味、香り、効能も様々なので飽きずに続けやすいダイエット方法になります。

自分の好みに合ったお茶を選んで日常生活に取り入れるだけで簡単に始められます。お茶ダイエットだけではなく、バランスのとれた食事と軽い運動も行うことで相乗効果も期待できますので是非、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました