朝起きると顔がパンパン?!顔のむくみの原因

朝起きると顔がパンパン?!顔のむくみの原因 むくみ解消

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆むくみに悩んでいるあなたに朗報☆
日本初!脚のむくみを軽減する機能性食品『脚きゅっと
1日立ちっぱなしでも、もうむくまない♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



朝起きた時に「いつもよりも顔が大きい」「目が小さい」と感じたらそれは顔がむくんでいるということです。顔がむくむとき、体の中では何が起こっているのでしょうか。また、顔がむくんでしまう原因は何なのでしょうか。ここでは顔のむくみの原因や症状についてご説明します。

スポンサーリンク

朝起きたらパンパン!顔がむくんでいる状態とは?

朝起きたら顔がパンパンにむくんでいるときは、余分な水分が肌の内側に溜まっている状態なのです。体内の老廃物を流してくれる血液やリンパの流れが悪いと、余分な水分がうまく排出されず、不要なモノが滞ってしまい、腫れぼったくなってしまうのです。

特に夏場はむくみやすい時期でもあります。夏は暑さで寝ている間も汗をかき、余分な水分を排出しやすいイメージがありますが、実はその逆なのです。というのも、夏場は湿度が高く空気が湿っているので、身体から水分が出ていきにくい状態にあります。そのため、どうしても余分な水分が体に溜まりやすくなってしまいます。

顔のむくみはどうしておこるのか

私たちの体が正常に働いていて、不要なモノがきちんと排出されていれば、本来むくむことはありません。年齢による代謝の低下や運動不足など、何かしらの影響によって余分な水分が正しく流れていないため、むくんでしまうのですが、顔のむくみの場合は、前日に飲んだアルコールによるものが多いです。

飲酒によりアルコールを摂取すると、血中アルコール濃度が高くなり血管が広がってしまいます。血管が広がりすぎると、血液の流れがゆっくりになってしまいます。通常よりも血流が緩やかになると、本来であればスムーズに運び出してくれるはずの水分が滞って、結果的に体内に水分が溜まってしまい、むくみとなるのです。

顔のむくみは朝がピークで昼頃には落ち着く場合がほとんど

顔がむくむのは朝が多いのではないでしょうか。顔のむくみは寝ている間に水分が溜まっていき、朝起きた時がピークであることが多いのです。

顔に限らずむくみの原因は余分な水分が溜まることにあるので、起きている状態であれば重力により水分が下に流れるので、夜は顔のむくみは抑えられます。起きた時に顔がむくんでいるのは、寝ているときに顔も身体もほぼ同じ高さにあるため、余分な水分が顔にまで行き渡ってしまうからです。

そのため、前日に大量のアルコールを摂取していなければ、昼頃には顔のむくみは落ち着いていることがほとんどです。その代わり、夕方頃には重力で下がっていった水分が脚にたまってしまうので、夕方になると足がパンパンという方が多いのです。


おすすめのむくみ解消サプリを厳選比較しています。日頃からむくみやすいと感じる方や、仕事や家事で忙しく運動不足だと感じる方は、むくみ解消のひとつの手段としてお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました