むくみに効果がある「カリウム」の効果的な摂り方と注意点

むくみに効果がある「カリウム」の効果的な摂り方と注意点 むくみ解消

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆むくみに悩んでいるあなたに朗報☆
日本初!脚のむくみを軽減する機能性食品『脚きゅっと
1日立ちっぱなしでも、もうむくまない♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



むくみに効果的な成分として「カリウム」があります。ここでは、カリウムの働きとむくみとの関係性や、カリウムを多く含む食材、カリウムサプリの効果的な摂取方法や注意点などについて解説します。

スポンサーリンク

カリウムの働き

ミネラルの一種であるカリウムは、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を維持・調整する働きがあり、生命維持活動に欠かせない役割を担っている栄養素です。また、ナトリウムの排出を促して血圧の上昇を抑える働きもあり、高血圧の予防や、筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。更に腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きもあるといわれています。カリウムもナトリウムも体内に多く存在していますが、ナトリウムは細胞外液、カリウムは細胞内液に多く存在します。

カリウムとむくみの関係

通常、カリウムとナトリウムは濃度が一定のバランスで保たれています。しかし、塩分の過剰摂取などにより体内のナトリウム濃度が高まったり、偏った食生活などによりカリウム不足に陥ると、この濃度のバランスが崩れてしまいます。すると体はナトリウムの濃度を下げようとして体内に水分を溜めこむようになり、結果必要以上の余分な水分が溜まってしまいむくみが生じます。

カリウム不足の現代

厚生労働省が推奨するカリウムの目安摂取量は、成人男性で2,500mg/日、成人女性で2,000mg/日ですが、実際の摂取量は年々減っているという現実があります。(参照:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

また、コンビニを中心に加工食品の普及などで無意識のうちに塩分を摂取していることが多い現代の食生活では、より多くのカリウムが必要といわれています。特に汗をかきやすい方やお酒やコーヒーをたくさん飲む方も、カリウム不足になりやすいため注意が必要です。

カリウムはむくみ解消や予防はもちろん、生活習慣病のひとつでもある高血圧の予防にも効果的な栄養素です。さらに、筋肉を正常に保つ効果もあるので、ダイエットのためだけではなく健康のためにもぜひ積極的に摂取したい栄養素であるといえるでしょう。


おすすめのむくみ解消サプリを厳選比較しています。日頃からむくみやすいと感じる方や、仕事や家事で忙しく運動不足だと感じる方は、むくみ解消のひとつの手段としてお役立てください。

タイトルとURLをコピーしました